妊娠前に知っておきたい、先天異常児が生まれる原因

先天異常児について

妊活サプリを選ぶ前に、まずは妊娠する際のリスクも知っておきたいところです。

精子と卵子が出会い受精卵となり、数えられないほどの細胞分裂をくり返し、38週間かかって、赤ちゃんが誕生するわけです。

 

もとは、1個の細胞である受精卵が細胞分裂をして、数百兆個という細胞になるので、ふつうに考えれば、遺伝子のプログラムどおりに一度の間違いもなく分裂が進むのが、逆に不思議なほどです。

しかし、先天異常はこのときに間違いが起こってしまうのです。 その発症の時期によって先天異常は、遺伝病、配偶子病、胎芽病、胎児病の四つに分類されます。

遺伝病は、父親、母親が持っている、遺伝子が異常を起こす原因となるもの。配偶子病は、精子や卵子が作られる過程もしくは受精時の異常。胎芽病は、ごく初期の妊娠で母体を通じた、なにかの影響で異常を起こしたもの。胎児病は、妊娠12週以後、胎児自体の発育自体や、母体を通しての影響が作用し異常が起ったものです。

 

配偶子病

たとえば遺伝子に異常がなくても、精子や卵子がつくられる過程や受精する際に、染色体に異常が生じる場合があります。X線などの影響も言われていますが、確かな理由は実際には分かっていません。通常、大きく育つ前に染色体に異常のある受精卵は流産してしまいますが、中にはそのまま育って出産する場合があります。これが配偶子病です。 配偶子病の代表例としては、ダウン症候群があります。目がつり上がり鼻が低い独特な顔つきが特徴で、運動機能や知能に遅れがみられます。ダウン症候群の場合、21対目の染色体が3つ存在し、通常46個の染色体が、47個になっています。高年出産の場合、ダウン症候群が多いため、加齢とともに何らかの刺激を受けた、卵巣の中に蓄えられている卵子が、染色体異常を起こしたのではないかと考えられています。 他にも、配偶子病の一種で、見た目は女性なのに卵巣がなく子宮も発育しないターナー症候群というものもあります。

 

あわせて読みたい:妊娠報告ができるサプリについて